疲れた体を癒すための夜のルーティーン

プライベート

仕事や勉強で疲れた日の夜は、明日に向けての体のメンテナンスが重要です。

ここではそんな疲れた夜に簡単にできる、私なりの『疲れた体を癒すための夜のルーティーン』をまとめてみました。

どれも簡単なものなので、ぜひ試してみてください!

入浴する

疲れているとシャワーで簡単に済ませたくなってしまいます。

しかし、温かいお湯に体をつけるという行為は、交感神経から副交感神経へと変わるとても大事な儀式です。つまり、体が寝る前のリラックス状態になるということです。

人が熟睡するには、体温が高温から下がる時に眠気を誘うと言います。

そのため、入浴してしっかりと体を温めましょう。

湯船の温度が高すぎると、交感神経が刺激されて目が覚めてしまいます。

ぬる目のお湯にゆっくりと浸かりましょう。

その際に、リラックスできる入浴剤や、体を温めてくれるバスソルトなどを使用すると効果が倍増します。

消化のいいものを少量食べる

疲れた夜は、早めに寝たくなると思います。

食べた後すぐに横になると、逆流性胃炎などを発症してしまいます。

食べたものをしっかり消化してくれるまで2〜3時間かかると言います。

消化できないまま寝てしまうと、寝ている間も内臓が消化活動で動いてしまうので疲れが取れなくなってしまいます。

そのため、疲れた夜には消化のいいものを少量食べるようにしましょう。

例えば、ゼリー飲料、ヨーグルト、おかゆ、スープなどがオススメです。

お肉やキノコ、ラーメンなどは消化に時間がかかるので、なるべく避けたほうが良いでしょう。

癒される香り(アロマなど)を使う

アロマの香りには、いろいろな効能があります。

中でもラベンダーやイランイラン、ローズウッドはリラックス効果やストレス解消効果などに適しているのでオススメです。

柑橘系のアロマは気分がスッキリします。特にグレープフルーツはダイエット効果のある香りです。

ローズ系は女性の強い味方の効果が強く、女性特有の不調や女性ホルモンの調整作用、子宮強壮に効果があります。

自分の好きな香りを探してみるといいと思います。

オススメの使い方は2通りあります。

まず1つ目は、ハンカチやティッシュにオイルを1〜3滴ほど垂らして枕元に置く方法です。

これだと火も使わないし、使い終わった後の処理も簡単です。

2つ目は、マグカップに熱いお湯を入れて、そこにアロマオイルを1〜3滴垂らす吸入法です。

こちらの方法は、枕元に置くのは少し難しいです。お風呂上がりにリラックスしている時などに使用するといいと思います。

湯気と一緒に香りが優しく部屋の中に漂います。

とにかく寝る!

最終的には、これがいちばんの回復法なのではないでしょうか!

寝るときは、寝返りが打ちやすく、動きやすいパジャマが一番いいです。

次の日がお休みなら、カーテンもしっかり締めてスマホの電源もオフにしましょう。

そしてスッキリするまで、しっかり寝て疲れをとりましょう。

寝る前に、トイレに行くことを忘れないように注意!

寝るときはアイマスクを使う

寝る時に熟睡をする、簡単なポイントです。

それはアイマスクを使うことです。

100円均一のアイマスクでも全然構いません。

とにかく光を遮断することが、一番の目的です。

4の香りも併用するのであれば、『蒸気でホットアイマスク』もかなりのオススメ!

アイマスクを使ったことのない人は、ぜひ試してみてほしいです。

朝のスッキリ具合が、格段に違います!

眠れない時のお助けアイテム

それでも眠れない時はには、読書をしてみましょう。

あまり頭を使わない本がオススメです。

例えば、写真集。

海・空・花・行ってみたいところ、海外などの写真集など、心が安らぐのでいいと思います♪

あとは活字。

小説や漫画は、続きが気になって眠れなくなる可能性があるので、短編ものやビジネス書がオススメです。

間接照明などを使って、部屋の明かりを少し暗めにしましょう。

こんな風にしてると、だんだんと自然に眠くなってきますよ( ´∀`)

まとめ

いかがだったでしょうか?

疲れた日の夜には、難しいことや面倒なことはしたくないですよね?

なるべく簡単にできる、ルーティーンになるように紹介してみました。

毎日お仕事や勉強でお疲れの方も多いと思いますが、少しでもこの記事が参考になって、明日も頑張れる活力を見いだせることを祈っています。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

コメント

  1. ようすけ より:

    こんにちは
    シャワーで軽くすませる日が多いので寝れなそうな日は湯船に浸かってみようかと思います。簡単に実践できそうな事が多いので参考にさせてもらいますね

    • もえ(Happyメッセンジャー) もえ より:

      こんにちは!
      コメントありがとうございます♪
      お酒の飲み過ぎも眠りが浅くなるので、気をつけてくださいね☆