【山形の旅】三寶荒神社・庄内神社

旅行

山形の旅、2日目は神社を2つ探索しました⛩

知らない土地の神社に挨拶をするのは、中々緊張しますね(°▽°)

三寶荒神社

残念ながら、ここはお祭り中で御朱印はいただけませんでした( ;∀;)

でも、大きな鳥居と澄んだ空気が印象的な神社でした。

大きな赤い鳥居が印象的

庄内神社

次に近くにある庄内神社にも行ってきました⭐️

庄内神社は、公園の一角にあり、松の木が綺麗でとても印象的でした!

とても神秘的な空気を感じる神社でした
手水舎もとても綺麗

ここでは、ちょうど期間限定の御朱印をやっていたので、お願いしてみました。

人が多くて待ち時間は少し長かったけれど、待った甲斐があるくらいとても素敵な御朱印をいただくことができました。

期間限定の御朱印

ここではきつねの人形が咥えたおみくじを購入、

一緒に来てくれた方に病気平癒守をいただきました♪(๑ •͈ٮ•͈ )♡アリガト♡

病気平癒守ときつねのおみくじ

で、なんとそのおみくじが1番の大吉でした!

今の自分に当てはまることがいっぱい書いていたので、とても嬉しかったです

・:*+.\(( °ω° ))/.:+

おみくじって、そのときにあった言葉が出るから本当に不思議。

こんな感じで、山形旅行を楽しく過ごすことができました♪

本当にめっちゃ楽しかった!

この旅行を通して、色々考え方を変えることができたり、吹っ切れたものが出てきたり、本当に有意義な旅行になりました。

私にとっては、自分を変えることができたと思えるくらい、心に変化がありました。

本当に来てよかった。

素敵な旅行ができてとても幸せでした( ´ ▽ ` )

おまけ:秋田県能代市ふたつい

帰りに寄った、秋田県能代市にある『道の駅 ふたつい』でとても素敵なものを見つけました❤️

道の駅「ふたつい」
道の駅で見つけたガイドマップ

ふたついという場所は、恋文の街なんですね💕

ガイドマップによると、

明治14年にこの地を訪れた明治天皇が、その美しさに感動して「きみまちざか」という名称をつけたそうです。

その際に、夏の長旅を気遣う皇后から天皇への「恋文」がここで待っていたというなんともロマンチックなエピソードの残っている地域だそうです。

恋文にまつわる場所がたくさんあるみたいで、恋文神社、恋文ギャラリー、恋文ポスト、きみまちの鐘、きみ恋カフェなどもあるみたい。

恋文商店街マップっていうのを見ると、「恋文のまち歩きコース」「パワースポット巡りコース」「隠れた桜の名所 桜堤公園」もあるみたい。

ガイドマップを見れば見るほど、興味が湧いて来て、とてもいきたい場所となりました♪

桜の季節がいいかなぁ。

冬が明けたら行ってみたいな( ´ ▽ ` )

秋田は温泉街もあるみたいだし、秋田にも旅行では行ったことがないのでまた近々行けたらいいなと思います♪

タイトルとURLをコピーしました