知識を深める!私流・インプット&アウトプット!

仕事
ぴょんちゃん
ぴょんちゃん

ねーねーもえちゃん、最近いっぱい本とか読んでるねぇ〜。

いきなりどうしたの?

もえ
もえ

うん、なんか最近ブログ書き始めたら色々なことに興味が湧いてきちゃって♪いろんな本を読んだりしてるの〜めっちゃ楽しい♪

ぴょんちゃん
ぴょんちゃん

おお〜、インプットだね。じゃぁ、アウトプットもしていくの?

もえ
もえ

もちろ〜ん♪インプットアウトプットで知識溜め込んで、トップブロガー目指すんだ〜( ^ω^ )くくく・・・

インプットとアウトプットとは?

インプット=入力、アウトプット=出力 という意味です。

これはつまり、本やネット、論文などを通して得た知識=脳への入力(インプット)

ブログや人へ話すことで、自分の言葉で伝える=出力(アウトプット)

本などで学んだこと(インプット)したことを、ブログなどで自分の言葉にすること(アウトプット)で、知識が格段に深まるのです。

今回はその方法を、私が今までやってきた方法でみなさんにシェアしたいと思います♪

つまりこれもアウトプットです( ´∀`)

インプットってどうやるの?

インプット方法その1:本を読む

インプットの代表的な方法といえば、やはり読書ではないでしょうか。

読めば読むほど知識も増えます。

メリットとしては、本だと持ち歩けるし気軽にインプットが楽しめます

デメリットは、自分の興味のあるものにしか目につかない、持ち歩くことが不便、紙媒体だと保管場所を取るなどがあります。

Kindleのような電子書籍も試したことがあるのですが、私には合いませんでした。

なぜかというと、本を読んでいる気がしなくて全然内容が頭に入らなかったのです。

そのため、今は電子書籍は漫画の時にだけ利用するようになりました。

インプット方法その2:新聞を読む

この方法は、できる人が限られてしまいます。

新聞を取る、買うという金銭的な問題が出てくるからです。

現在、一人暮らしをしている方で新聞を取っている方は中々いないのではないでしょうか?

私も新聞は取っておらず、インプットには使用しておりません・・・

でも、読めば確実に文章力や知識は増えます。

新聞を読む機会のある方には、ぜひオススメなインプット方法です!

インプット方法その3:インターネットで調べる

ネットサーフィン

ネットで知識を得たい人は、ネットサーフィンなどで検索することが多いのではないのでしょうか?

調べたいことをすぐに検索することができ、自分の欲しい情報を即座に得ることができるメリットがあります。

デメリットとしては、自分の興味のあることにしか目につかない、嘘の情報が紛れているなどがあります。

論文をダウンロードして読む

これは、Twitterでフォロワーさんに教えていただいたことです。

私がセロトニンについてのいい書籍を探しても見つからないとツイートしたら、「論文を当たってみてはどうですか?」というリプをいただきました。

実際に調べてみると、PDF化された論文がたくさん出てきました!論文すごい!

メリットとしては、書籍化されていない情報も見ることができる、印刷できるのでまとめて持ち歩ける、最新の情報も見ることができるなどがあります。

デメリットとしては、専門用語の連続なので難しいですね、やっぱり・・・。あとは、自分の探している文献が中々見つからない見たい文献が外国語ということも多々あります。

ただ、やはり専門的で有益な情報を得られる論文は、とても価値があると思います。

今まで活用したことがなかった方は、ぜひ活用してみてほしいものです。

インプット方法その4:人の話を聞く

私の場合は田舎なので、中々機会がありませんが・・・

講演会やDVD、今ならYouTubeなどで専門の人が解説動画などを出していることがあります。

そこから情報を得ることができます。

メリットとしては、手軽で簡単に情報を得ることができる

デメリットとしては、素人や専門知識を持ち合わせてない人も配信しているため、間違った情報をインプットしてしまうことも多々あるということです。

何が正しい情報なのかを見極める目が重要となります。

アウトプットってどうやるの?

アウトプット方法その1:ブログやネットなどで発信する

私の場合は、このアウトプット方法が一番多いです。

メリットは、自分のタイミングで書きたいことを発信できるということです。

デメリットは、自分が正しいと思っていた知識が間違っていたり、アンチがついたり、場合によっては炎上という最悪な事態が起きることがあります。

色々なタイプのブログがありますが、自由に書けるブログは本当に最強のアウトプット方法だと私は感じています。

今のところは、炎上経験はありません( ´∀`)

アウトプット方法その2:人に話す

人に話すということは、あまり機会がないかもしれません。

お互いに興味のある話題であれば、ディベートのようになり、有力なアウトプットとなります。

しかし、相手が興味を持たない話題であれば、ただのうざい人となってしまう可能性がありますので、話しすぎに注意です!

アウトプット方法その3:ノートや日記に書く

アナログな方法ではありますが、とても記憶に残るアウトプット方法です。

パソコンなどで入力するよりも、書くという行為を行う方が強く記憶に残るそうです。

自分の言葉で書いたり、重要なところを自分なりにまとめたり、声に出して読んでみたりすることでより記憶に残るようになります。

デメリットは、とにかくめんどくさい・・・

書くという行為を続けることで疲れるし、腱鞘炎になるし、字が綺麗に書けないと読み直したり書く気にならなくなるし・・・(私だけかもしれませんが)

でもやっぱり書くことで記憶力は上がるんですよねぇ。。。

私流のインプットとアウトプット

本を読む時なども、私の場合はルーズリーフなどに重要事項をメモしながら、付箋も貼りながら読むようにしています。

そうすることでインプットアウトプットが同時にできます。

そして、それを元にブログを書くという、アウトプットを2段階で行うようにしてます。

皆さんはどのようにインプットとアウトプットを行なっていますか?

よかったら教えてくれると嬉しいです( ´∀`)

コメント