毎日考えるの大変?!ブログネタの考え方を5つ紹介♪

仕事

ブログのネタってどうやって考えてる?

ブログを毎日更新している人や、ブログをはじめたばかりの人だと、ブログに何をかけがいいのかって迷ってしまいませんか?

基本的には、自分の好きなことや得意なこと専門としていること人より知識があること他の人が体験したことのないようなことなどをブログネタとして書く人が多いと思います。

でも、特に毎日更新をしている人であれば、ブログネタが尽きてしまい困ることもあるのではないでしょうか?

そんな方のために、私がいつもやっているブログネタの考え方を紹介したいと思います。

特別なことはやっていませんが、どうぞ参考にしてください!

気になるものはすぐにメモする!

日常の会話や広告の単語で気になったものをメモ

日常会話や、広告の言葉、雑誌の言葉など、あなたの周りにもたくさんの言葉が溢れています。

しかし、その言葉の真意をあなたは知っていますか?

調べてみると意外な発見があるかもしれません。

その発見とあなたの得意分野を結びつけることができれば、ブログネタが一つできるのです

疑問に思ったことはすぐにメモ

また、疑問に思ったこともブログネタになりやすいです。

あなたが疑問に思ったということは、知らない誰かも同じような疑問を持つ可能性が高いからです。

そこであなた自身の視野も広がりますし、さらにまた得意分野に結びつけることができれば、ブログネタになります

スマホの情報系アプリで気になるものをピックアップ

暇なときにスマホを見る人って、意外と多いのではないでしょうか?

そんな時はぜひ、情報系のアプリを見てみましょう。

ニュース系だけではなく、ファッション系、女性情報系、ガジェット系、YouTube、Netflixなどなんでも自分の気になるものならいいと思います。

そのアプリの中で自分が気になったところや印象に残ったところをピックアップして、調べます。そして自分の言葉でまとめあげると、ブログが一本完成してしまいます。

ここでの注意は、決してパクらないこと!!!

店をうろつく

本屋や図書館

本屋や図書館は、普段自分で選ばないような本が平積みされていたり、ピックアップされています。

自分の視野だけでは見つけれなかった、気づくことのできなかったことに触れるチャンスです。

今流行りの本を知ることもできますし、どんな情報を求められているのかを知ることができます。

特に本屋だと、売れ筋本ランキングのコーナーが設置されたりしてますよね?

そこで、みんながどんな情報を求めているのかを察知し、調べてみるのもブログネタになります。

コンビニ

一番手軽に入れる店というと、コンビニではないでしょうか?

コンビニだと大体全国にありますし、24時間店舗の店が多いので、読者からも共感を得やすい場所だと思います。

そして、何より新製品や話題の商品が手に入りやすいというメリットがあります。

本当にブログネタに困った時の最終手段として、コンビニをうろついてみて下さい

ただ、この方法は本当にブログネタに困った人or本当に気に入って紹介したい人がよく使う手法だと思われますので、多用は厳禁です。

自分の本棚を見る

私としては、この方法を一番オススメしたいです。

本棚は自分の考えや心の中を映す鏡のようなものです。

過去に自分がどのようなものに興味を持っていたのか、どのような知識を得てきたのかが一目瞭然です。

本棚を見ていると、「そういえばこの本にこんなことが書いてあったな、これネタになるかも?」と閃きます。

本棚を見て閃かないときは、適当に本を手に取りパラパラめくっていくうちに、「ああ、こんなこと書いてあったなぁ」などと思い出してきます。

それをネタにすればいいのです。

一度読んだ本であれば、きっと自分の中で考えの消化ができていると思われます。

それを色々な角度から、自分の言葉で発信すればいいのです。

自分には常識ということでも、他の人からすれば新しい知識ということも多いです。

ぜひあなたの本棚と会話をして、発信するネタを見つけて下さい。

ブログネタ100本チャレンジ

これは2番目にオススメな方法ですが、多少時間がかかるので時間のある日にやりましょう。

特に説明はいりませんね?

ただただ、ブログネタを100本考えるまで終われまてん!

ただそれだけです。

どんな小さなネタでもいいんです。

前に書いたネタに関連したものでもいいんです。

ただただネタを100個書き出すのです。

使えるか使えないかは関係ありません。

ただただネタを100こ書き出すのです。

これが何の役に立つかというと、ブログネタが本当に思いつかない時です。

思いつかない時にはこの中からピックアップをして、記事を書きます。

書き出した100個の中に描きたい記事がなかったとしても、ネタのきっかけになるものくらいは埋もれているはずです。

100こという数字は、ブログ初心者を脱する記事数のラインでもあります。

ここで100個ネタを考えられると、今後もブログを続けていく自信にもつながるのではないでしょうか?

まとめ

今日は、私のブログネタの考え方を紹介させていただきました。

特に変わったものはないと思います。

ブログネタお100本ノックを除いては・・・笑

でも書いてみると意外と出てくるのでぜひぜひチャレンジしてみて下さい!

コメント